トップ > スポーツ > テニス > デイヴィスカップ

「真剣さ欠く」キリオスが勝利、豪とベルギーの初日は1勝1敗に デ杯

2017年9月16日 10:41 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

「真剣さ欠く」キリオスが勝利、豪とベルギーの初日は1勝1敗に デ杯
1/10
男子テニスの国別対抗戦デビスカップ、ワールドグループ準決勝、ベルギー対オーストラリア。試合後にベルギーのスティーブ・ダルシ(右)と握手を交わすオーストラリアのニック・キリオス(2017年9月15日撮影)。(c)AFP/EMMANUEL DUNAND

【9月16日 AFP】男子テニス、国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2017)は15日、ワールドグループ準決勝が各地で行われ、オーストラリアは試合の数時間前にテニスに十分真剣に取り組んでいないと明かしていたニック・キリオス(Nick Kyrgios)がフルセットの一戦を制し、ベルギーとの戦績を1勝1敗に戻した。

 敵地ブリュッセル(Brussels)でキリオスはセットカウント1-2と1セットダウンの状況から巻き返し、6-3、3-6、6-7(5-7)、6-1、6-2でスティーブ・ダルシ(Steve Darcis、ベルギー)を下した。3時間半を超える戦いでキリオスは34本のエースと41本のウイナーを決め、デビス杯シングルスでの戦績を8戦7勝とした。

 第1試合では世界ランク12位につけるベルギーのダビド・ゴフィン(David Goffin)が、同185位のジョン・ミルマン(John Millman、オーストラリア)を6-7(4-7)、6-4、6-3、7-5で退けている。

 全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)では同胞のミルマンに1回戦で敗れていたキリオスは、臀部(でんぶ)の負傷に加え、モチベーションを欠く中で試合に臨んでいた。

 www.playersvoice.comに寄稿した22歳のキリオスは「プロテニスは自分に必要なものではない」とし、「まったく求めてもいないから、すべき改善もしていない。自分の中にある、勝ちたい、勝ちたい、勝ちたいと思う戦う自分と、周りからの視線を気にせず家族とともに普通の生活を送ることを臨む人間である自分の綱引きが繰り返されている」と記した。

 オーストラリアが通算28回目の優勝を果たした2003年大会以来の決勝進出を目指す中、それでもキリオスは自身のパフォーマンスに大喜びした。

「(監督の)レイトン・ヒューイット(Lleyton Hewitt)と自分は、これにかなり身をささげている。デビス杯は今年の最優先事項になっている。明日(16日)のダブルスは僕らが本命になるに違いないだろう」

 第3試合のダブルスでは、ジョーダン・トンプソン(Jordan Thompson)とジョン・ピアーズ(John Peers)のペアが、ベルギーのアルトゥール・デ・グレーフ(Arthur De Greef)/ルーベン・ベーメルマンス(Ruben Bemelmans)組と対戦する。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>