トップ > ライフ > ライフ

認知症改善に「共産主義時代」を再現、ドイツの高齢者介護施設

2017年9月10日 13:53 発信地:ドレスデン/ドイツ

このニュースをシェア

認知症改善に「共産主義時代」を再現、ドイツの高齢者介護施設
1/7
ドイツ・ドレスデンの高齢者介護施設「アレクサ」内にある1960年代を再現した「メモリールーム」で、旧東独時代のケーキを作る入所者ら(2017年6月14日撮影)。(c)AFP/TOBIAS SCHWARZ

【9月10日 AFP】ドイツ東部ドレスデン(Dresden)の高齢者介護施設に入所しているマルギット・ヒキシュ(Margit Hikisch)さん(88)は、旧東ドイツの共産主義指導者として強硬路線を貫いたエーリッヒ・ホーネッカー(Erich Honecker)はもちろん、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)さえ鮮明に記憶している。だがアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)が誰かについては、どうしても確信が持てない。

 民間介護施設「アレクサ(Alexa)」では認知症治療の一環として、ドイツ史の断片を再現するという斬新な取り組みを行っている。

 1960~70年代の旧東独時代を模した内装の「メモリールーム」を設置し、当時の食事を提供し、当時の音楽をかけている。古い記憶を呼び起す手助けをし、ひいてはその記憶と共に自己意識を取り戻してもらうことが狙いだ。

 ヒキシュさんはドレスデンで戦争の荒廃を生き延び、共産主義体制下の旧東独で自ら「人生最良の日々」と呼ぶ時代を銀行員として過ごした。「ヒトラーは狂人で、私たちは戦時中もその後も苦しい思いをした。でも東独では少しずつ状況が良くなって、また十分に食べられるようになった」と語るヒキシュさん。他の同年代の人々と同じように、ヒキシュさんも今現在の出来事より何十年も前の記憶の方がしっかりしている。

 ヒキシュさんは他の入所者8人と共に長テーブルを囲んで座り、戦後期によく食べたというチョコレートビスケットケーキを作りながら、施設が特別に作ってくれた「タイムマシーン」であるこの部屋にやって来るのは楽しいと話した。

 40年に及んだドイツ分断を振り返り、「私たちは(共産主義下で)手に入るものにいつも満足していた。分断されていたせいで、自分たちが持ち得なかったものが何かを知らなかったからかもしれないけれど」と語った。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>