トップ > 環境・科学 > 科学・技術

中国の未来を救う? ヒューマノイド「佳佳」に寄せられる期待

2017年1月10日 15:44 発信地:上海/中国

このニュースをシェア

中国の未来を救う? ヒューマノイド「佳佳」に寄せられる期待
1/6
中国・上海での会議に登場した、中国科学技術大学のチームが開発した人型ロボット「佳佳」(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/Johannes EISELE

【1月10日 AFP】簡単な会話ができ、頼まれれば一定の表情を作ることもできる人型ロボット「佳佳(ジアジア、Jia Jia)」。この女性をかたどったヒューマノイドについて制作者たちは、中国の未来の労働力の到来を告げるものと位置付けている。

 中国科学技術大学(University of Science and Technology of China)の研究チームが開発した佳佳は、中国初の人型ロボットと銘打って昨年、初めて公開された。

 研究チームのリーダー、チェン・シャオピン(Chen Xiaoping)氏は9日、上海(Shanghai)の近未来的な金融センターで開かれた、スイス金融大手UBS主催の経済会議に佳佳を伴って出席した。

 まるで実の父親のように誇らしげな表情で会議に出席したチェン氏は、今後10年以内に、佳佳のような人工知能(AI)搭載のロボットが中国国内の飲食店や介護施設、医療機関、一般家庭などで単純労働を行うようになるだろうとの持論を展開した。

 佳佳は、その日の天気についての受け答えや基本的な会話、相手の性別の認識などを正確に行うことができる。また「あなたは素敵な男性ですね」とお世辞を言ったり、恋人はいるのかという問いかけに対し、「独身でいる方がいいです」と答えたりする。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>