トップ > ライフ > ライフ

インドネシアの先住民が大切に保存する祖先のミイラ

2016年8月16日 14:33 発信地:ワメナ/インドネシア

このニュースをシェア

インドネシアの先住民が大切に保存する祖先のミイラ
1/7
インドネシア・パプア州のワメナで祖先のミイラを抱えるダニ族の族長(2016年8月7日撮影)。(c)AFP/ADEK BERRY

【8月16日 AFP】インドネシア・パプア(Papua)州の高原地帯に位置する町、ワメナ(Wamena)の先住民ダニ(Dani)族の族長が大切そうに抱きかかえるのは、およそ250年前に同地を支配していた族長のミイラだ。

 ワメナには遺体をミイラにする習慣はもう残されていないが、ダニ族は今でも多くのミイラを大切に保存することで、先祖への高い尊敬を表している。ミイラにされたのは部族の重要人物のみで、彼らは動物の油を用い、煙でいぶすことによって遺体に防腐処理を施していた。現在ではダニ族のミイラを一目見ようと、世界中から多くの観光客がワメナを訪れるという。(c)AFP/Adek BERRY

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>