トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

イスラエル兵、負傷パレスチナ人を「処刑」 動画公開で物議

2016年3月25日 11:55 発信地:エルサレム/中東・アフリカ

このニュースをシェア

イスラエル兵、負傷パレスチナ人を「処刑」 動画公開で物議
1/7
パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ヘブロンで、負傷して路上に横たわる兵士襲撃事件のパレスチナ人容疑者に向けて銃を構えて狙いを定めるイスラエル兵。イスラエルの人権団体「ベツェレム」が公開の映像より(2016年3月24日公開)。(c)AFP/HO/B'TSELEM

【3月25日 AFP】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)で24日、イスラエル兵が、兵士襲撃事件の容疑者とされる負傷したパレスチナ人の男(21)の頭部を撃ち射殺する出来事があった。射殺場面を捉えた動画はインターネット上で拡散し、非難の声を集めている。

 イスラエル人とパレスチナ人との間では昨年10月以降、暴力事件が相次いでおり、この動画によって状況がさらに悪化する恐れがある。

 動画には、ヨルダン川西岸ヘブロン(Hebron)で、負傷し路上に横たわるパレスチナ人の男が写されている。男は別の男と共にイスラエル兵を刃物で刺したとされ、兵士に撃たれたとみられる。その後、問題のイスラエル兵が理由なく男の頭部を撃ち抜き、射殺した。

 動画をネットに投稿したイスラエルの人権団体「ベツェレム(B'Tselem)」の広報担当者はAFPに対し、イスラエル兵の発砲は「処刑」に当たると非難。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)も、兵士の行為を正当化する理由はなく、戦争犯罪の可能性を念頭に捜査すべきだと主張した。

 イスラエル軍は、この兵士の身柄を拘束し、調査を開始したと発表。モシェ・ヤアロン(Moshe Yaalon)国防相は「最大限の厳格さ」で対処すると言明した。(c)AFP/Joe Dyke

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>