トップ > ライフ > ライフ

動物愛護団体PETAがフォアグラ生産に抗議

2007年8月11日 15:06 発信地:ミュンヘン/ドイツ

このニュースをシェア

動物愛護団体PETAがフォアグラ生産に抗議
2007年8月8日、ミュンヘン(Munich)で家禽への強制飼養に抗議して、大量のトウモロコシが入ったバケツからビニール製の管で「餌」を与えられるPETAの活動家。(c)AFP/OLIVER LANG
【8月11日 AFP】ドイツのミュンヘン(Munich)で8日、動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for Ethical Treatment of AnimalsPETA)」が、フォアグラを生産するために、家きん類に強制的に餌を食べさせる行為を「過酷な飼育法」だとして抗議する活動を展開した。

 フォアグラは、「脂肪太りした肝臓」を意味するフランス語で、強制飼養によって特別に肥満させたアヒルやガチョウの脂肪肝を指す。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>