【6月13日 AFP】サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリード(Real Madrid)のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が13日、租税回避地を通して行ったとされる1470万ユーロ(約18億円)の脱税の罪で訴追された。スペインの検察当局が発表した。

 検察は声明で、ロナウドは2011年から14年にかけての「1476万8897ユーロ(18億2203万8912円)の脱税が関わる」4件の罪状で訴追されたと発表した。(c)AFP