【12月20日 AFP】台湾で、母親の商売を手伝うために大学を中退した青年が、車で商品の配達中にフェラーリ(Ferrari)3台と衝突する事故を起こして多額の賠償金の支払いを抱えた。ただその青年の元に、窮状を知った市民から寄付が集まっているという。

 リン・チンシャン(Lin Chin-hsiang)さん(20)は5年ほど前に父親を亡くし、母親が営む香の販売店を手伝うため今夏大学をやめた。近所の飲食店でも掛け持ちで働いている。

 16日未明、近くの寺に香の配達に向かっていたリンさんは、強風が吹く中、台北北郊の山道を走っていて居眠り運転。その際、道路脇に駐車されていたフェラーリ3台と衝突し、フェラーリも自分の車も壊してしまった。

 事故による負傷者はいなかったが、リンさんが運転していた車の保険には損害賠償額の上限があり、リンさんの身にその支払いが降り掛かった。

 地元メディアが台北のフェラーリ販売業者の話として報じたところによると、3台の修理費は1200万台湾元(約4350万円)に達する可能性があり、リンさんが完済するには数十年かかるとみられる。

 母親によると、リンさんは事故当日、午前3時まで飲食店で働いて仮眠を取った後、体調不良の母親に代わって午前5時ごろから配達を始めたという。AFPの取材に応じたリンさんは20日、「寝てしまったに違いない。何が起きたのか分からない」「賠償金を支払うため、一生懸命働く」と語った。

 ただリンさんの苦境を知った市民が支援を申し出ており、市当局によると、これまでに81万4000ドル台湾元(約300万円)の寄付金が寄せられた。寄付をした人の多くが、豊かな暮らしを送るフェラーリ所有者と、働きずくめのリンさんとの境遇の差を気の毒に思ったと話しているという。(c)AFP