【12月17日 AFP】フランス南東部リヨンで16日、少なくとも1万年前に生息していたケナガマンモスの巨大な骨格標本が競売にかけられ、54万8250ユーロ(約7300万円)で落札された。

 競売はオークション会社Aguttesで行われ、マンモスのロゴで知られる仏防水加工会社ソプレマ(Soprema)のピエール・エティエンヌ・ビンシェンドラー(Pierre-Etienne Bindschedler)最高経営責任者(CEO)が落札した。同CEOは「(骨格標本は)会社のロビーに飾るつもりだ。スペースは足りると思う」と語っている。

 落札された骨格標本は高さ3メートルに達し、過去に発掘された標本の中でも最大級の大きさを誇る。保存状態は良好で、とりわけ元の骨格の約80パーセントが保たれていることから、予想落札価格は少なくとも45万ユーロ(約6000万円)と見込まれていた。専門家らは、この標本の重量を約1400キロと推定している。

 このマンモスの骨は約10年前にロシアのシベリア(Siberia)北西部で発掘されたもので、狩猟愛好家が自宅で保管していたという。(c)AFP