トップ > ライフ > ライフ

目覚めたらクマが頭を…真夏の米キャンプ場で恐怖の体験

2017年7月11日 13:08 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

目覚めたらクマが頭を…真夏の米キャンプ場で恐怖の体験
米バージニア州シェナンドー国立公園に生息するクロクマ(撮影日不明)。(c)AFP/KAREN BLEIER

【7月11日 AFP】目覚めるとクマが頭にかぶりついていた──。米コロラド(Colorado)州のキャンプ場で男性スタッフ(19)が寝込みをクロクマに襲われ、頭部をかみつかれる被害に遭った。「とんでもない痛み」だったというが、9針縫う傷で済んだ。男性がこのほど地元メディアに恐怖の体験を語った。

 九死に一生を得たのはディランさんという男性指導員。同州ウォード(Ward)にある「グレイシャー・ビュー・ランチ(Glacier View Ranch)」というキャンプ場で、キリスト教団体のサマーキャンプを手伝っていた9日、他の指導員ら4人と湖畔で寝袋に入って寝ていたところ早朝にクマに襲われた。

「ガリガリいう音がしたんです。あれは、かみついた(クマの)歯が頭蓋骨にこすれていたんだと思う」。ディランさんは地元ニュース局「デンバー7(Denver 7)」にそう語っている。

「クマにつかまれ、引っ張られました。それから後頭部をかまれ、引きずられました。引きずられているときが一番時間がたつのが遅くて、永遠に続くように感じました」(ディランさん)

 クマはディランさんを4メートルほど引きずったところで、他のキャンプ参加者らに追い払われた。現在、公園職員らが犬を使って追跡している。

 ディランさんはKTVB-TVに、首の後ろにクマの吐く息を感じたと説明。かみ痕やひっかき傷を見せながら「一瞬、夢を見ているのかと思ったけれど、夢にしてはあまりにも痛すぎると思いました」と話している。

 ディランさんは病院に搬送されたが、頭部を9針縫うだけで退院した。

 コロラド州の公園・野生生物局は地元メディアに対して、クマを刺激しない限り、今回のように襲われるケースはまれだと述べている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>