トップ > ニュース > 社会

盗聴室や秘密の地下壕、冷戦時代の遺構を公開 スロベニア

2017年6月26日 10:24 発信地:コチェウイェ/スロベニア

このニュースをシェア

盗聴室や秘密の地下壕、冷戦時代の遺構を公開 スロベニア
1/21
スロベニア南部コチェービエ近郊で、封鎖された軍事基地の地下90メートルにあった地下壕の内部(2017年5月30日撮影)。(c)AFP/JOE KLAMAR

【6月26日 AFP】冷戦終結からおよそ30年がたった今、諜報と権力闘争に色塗られた時代の秘密がスロベニアで白日の下にさらされつつある。

■チトーが愛したホテルの「盗聴室」

 森深いスロベニア南部コチェウイェ(Kocevje)から車で1時間。有名なポストイナ鍾乳洞(Postojnska Jama)のそばにある「ホテル・ヤマ(Hotel Jama)」は、旧ユーゴスラビアに一党独裁制を敷いたヨシップ・ブロズ・チトー(Josip Broz Tito)大統領が常宿とし、滞在中には客人も招いていた場所だ。このホテルで今年3月、これまで公にされていなかった秘密の監視部屋が、当時の家具や機材が残ったまま見つかった。

 ホテルの改修中、オーナーのマルヤン・バタギー氏(55)が建物の裏手に鍵のかかった鉄の扉があるのを発見した。このドアについて同氏は、「鍵が見つからなかったので壊すしかなかった。倉庫だろうと思ったら、見たこともない世界が広がっていた。ホテルの計画図面には存在しない空間だった」と話す。

 白いドアの向こう側には、3つの部屋が連なった盗聴室があった。1970年代の盗聴機器、都市の名前や番号が記載された書類の山、録音用テープの空き箱などもそのままだった。バタギー氏は、1960年代にホテルが建設された時点で作られたものだろうとみているとしながら、「市民の生活や軍事に関する情報収集の主要拠点だったと専門家らは言っている」とコメントしている。

 諜報員らがこの部屋にたどり着くためには館内を通る必要がある。その理由から、古くからの従業員らはこの部屋の存在を知っていながら口を閉ざしていたのだろうと同氏は考えている。「恐怖心からか、それともイデオロギーを妄信していたからなのか。今でさえ、まったく話題にしない方がいいと思っている者は多い」

 バタギー氏はこの部屋を「スパイ博物館」にする構想を持っていることをAFPに打ち明けた。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>