トップ > スポーツ > モータースポーツ > F1

シューマッハ氏の家族を脅迫した男に有罪判決、独裁判所

2017年5月19日 9:32 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

シューマッハ氏の家族を脅迫した男に有罪判決、独裁判所
2012年のF1第12戦ベルギーGPで記者会見に臨むミハエル・シューマッハ氏(2012年8月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/DIMITAR DILKOFF

【5月19日 AFP】90万ユーロ(約1億1000万円)を支払わなければフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で通算7度の世界タイトルを獲得した元名ドライバー、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の子どもたちを殺害すると脅した男に18日、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

 実名は公表されていないが、ドイツの裁判所は精神科で治療を受けている男に対し、執行猶予付きの有罪判決と罰金4500ユーロ(約56万円)、50時間の社会奉仕活動を科した。

 25歳の男は2016年2月、シューマッハ氏の妻に「2016年3月31日までに金が届かなければ、お前の子どもたちは何らかの方法で殺害される。(シューマッハ氏の息子が当時参戦していた)F4選手権(FIA Formula 4 Championship)では多くの事故が起きるからな」と脅迫メールを送っている。

 シューマッハ氏の息子で18歳のミック(Mick Schumacher)は、欧州F3選手権(FIA European Formula 3 Championship)に参戦しており、娘で20歳のジーナ・マリア(Gina-Maria Schumacher)は、馬術の世界で成功を収めている。

 コリーナ(Corinna Schumacher)夫人に送られたメールには銀行口座番号が記載されていたため、警察はすぐに男を特定し逮捕した。

 ドイツ南西部ロイトリゲン(Reutlingen)の裁判所で出された判決では、「用心深く進めるという意味では、自らの銀行口座番号を知らせることはあり得ない」と述べられている。男の弁護士は、男が行為に及んだ理由について「現時点で説明できる状況にない」と話している。

 48歳のシューマッハ氏は2013年12月、スキー中の事故で頭部を損傷し、現在はスイスで療養している。家族やマネジメント会社は、シューマッハ氏の健康状態の詳細については明かしていない。(c)AFP

F1
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>