トップ > ライフ > エンターテインメント > 映画

ロシア、『美女と野獣』を16禁指定 ディズニー初の同性愛描写で

2017年3月8日 6:37 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

ロシア、『美女と野獣』を16禁指定 ディズニー初の同性愛描写で
1/2
米ロサンゼルスで行われた『美女と野獣』のワールドプレミアに登場した主演のダン・スティーヴンス(左)とエマ・ワトソン(2017年3月2日撮影)。(c)AFP/Getty Images for Disney/Jesse Grant

【3月8日 AFP】ロシア政府は7日、ディズニー(Disney)の人気アニメ作品を実写化した新作映画『美女と野獣(Beauty and the Beast)』について、16歳未満の鑑賞を禁止すると発表した。同作については超保守派の議員が、「同性愛シーン」を理由に公開禁止を求めていた。

 ロシアでは今月16日に公開予定の本作について、ビル・コンドン(Bill Condon)監督は先に、ディズニー作品として初めて「完全な同性愛シーン」が含まれていると明かしていた。

 ディズニーは当初、同作はロシアで6歳以上向け作品として公開されると発表していた。だがロシア通信(RIA)は文化省報道官の話として、「同作は16歳以上の年齢制限付きで公開される」と報道。ディズニーのロシア法人もAFPへの声明でこれを事実と認めた。

 同作をめぐっては4日、国会議員のビタリー・ミロノフ(Vitaly Milonov)氏がウラジーミル・メジンスキー(Vladimir Medinsky)文化相に対し、未成年者に対する「同性愛プロパガンダ(宣伝)」を禁止する法律に違反していないかどうか検討するよう求めていた。

 同法はウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が2013年に署名して物議を醸し、国際社会からの非難も巻き起こった。ミロノフ議員は、同法を推進した中心的人物だった。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>