トップ > ライフ > ライフ

「史上最悪の破壊兵器」 ヒトラーの深紅の電話機が競売に 米

2017年2月18日 10:12 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

「史上最悪の破壊兵器」 ヒトラーの深紅の電話機が競売に 米
4/4
オークションに掛けられるアドルフ・ヒトラーの電話機に刻まれた第三帝国のワシの紋章、かぎ十字、ヒトラーの名前。米競売会社アレクサンダー・ヒストリカル・オークションズ提供(2017年2月17日提供)。(c)AFP/Alexander Historical Auctions

【2月18日 AFP】ナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)が第2次世界大戦(World War II)中に命令を出すのに使っていた電話機が19日にオークションに掛けられる。米競売会社が明らかにした。

 シーメンス(Siemens)製のベークライトのダイヤル式黒電話を深紅に塗ったもので、本体にはヒトラーの名前やかぎ十字、第三帝国のワシの紋章などが刻み込まれている。1945年、ナチス政権が連合国軍に敗北した後にドイツ・ベルリン(Berlin)にあるヒトラーの地下壕(ごう)から発見された。

 米メリーランド(Maryland)州チェサピークシティー(Chesapeake City)に本社を置く競売会社アレクサンダー・ヒストリカル・オークションズ(Alexander Historical Auctions)は、20万~30万ドル(約2300万~3400万円)の価値があると見積もっている。

 ヒトラーは第2次世界大戦の最後の2年間、国防軍(Wehrmacht、当時のドイツ軍)から受け取ったこの電話で命令の大半を出していたとされ、アレクサンダー社はこの電話機こそ「数百万人を死に至らしめた史上最悪の破壊兵器と言える」としている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>