トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

米加州で暴風雨、車が通れる穴で有名な巨木倒れる 樹齢1000年超

2017年1月10日 11:11 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

米加州で暴風雨、車が通れる穴で有名な巨木倒れる 樹齢1000年超
1/5
米カリフォルニア州・カラベラスビッグツリーズ州立公園にあったパイオニアキャビンツリー(撮影日不明)。(c)AFP/CALIFORNIA STATE PARKS

【1月10日 AFP】数日前から暴風雨に見舞われている米カリフォルニア(California)州の北部地方で、幹に車が通れるほどの大きな穴を開けられて観光名所にもなっていた樹齢1000年以上とみられるセコイアの巨木が倒れたことが分かった。

 倒れたのは、カリフォルニア州サクラメント(Sacramento)の南東に位置するカラベラスビッグツリーズ州立公園(Calaveras Big Trees State Park)の「パイオニアキャビンツリー(Pioneer Cabin Tree)」と呼ばれるセコイア。

 同公園のボランティア、ジム・オールデー(Jim Allday)さんはパイオニアキャビンツリーが8日午後に強風と大雨で倒れ、ぼろぼろに砕けた報告。フェイスブック(Facebook)に「今日、私たちは古い友達を失いました。パイオニアキャビンツリー、ドライブスルーツリーとも呼ばれていた木が自然の力に屈し、倒れてしまったのです」として、倒れた木の写真を投稿した。

 トンネルツリーの異名も持っていた木は、根元がすでに大きく裂けていたとみられる1880年代に幹に車で通り抜けられる大きな穴が開けられ、以来、観光名所になっていた。

 オールデーさんの妻、ジョーン・オールデー(Joan Allday)さんは地元メディアのサンフランシスコゲート(San Francisco Gate)に対し、パイオニアキャビンツリーはこの数年弱っており、傾いていたと話している。

 米国立気象局(NWS)の予報によれば、先週末に暴風雨に見舞われ、一部の地域で洪水や停電、土砂崩れが起きたカリフォルニア州北部やネバダ(Nevada)州では10~11日にも荒天が続く見込み。

 一方で、カリフォルニア州では6年に及ぶ記録的な干ばつで1億本以上の木が枯れており、嵐は恵みの雨になると期待する声も上がっている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>