トップ > ニュース > 経済

米アマゾン、定額音楽配信に参入 スポティファイやアップルを追撃

2016年10月13日 12:53 発信地:ニューヨーク/米国

このニュースをシェア

米アマゾン、定額音楽配信に参入 スポティファイやアップルを追撃
「iPad(アイパッド)」の画面に表示されたアマゾンのロゴ(2012年11月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/LIONEL BONAVENTURE

【10月13日 AFP】米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)は12日、米国で定額制音楽ストリーミングサービス「アマゾン・ミュージック・アンリミテッド(Amazon Music Unlimited)」の提供を開始した。利用できる楽曲数は数千万規模で、先行する「スポティファイ(Spotify)」や米アップル(Apple)に対抗する。

 アマゾンは既にプライム会員向けのストリーミングサービスで200万曲を提供しているが、新サービスでは提供数が大幅に増える。米国での利用料金は月額9.99ドル(約1040円)と、競合するスポティファイやアップル、米グーグルのサービスと同水準に設定した。

 話しかけて操作できる自社製スピーカー「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」「アマゾン・ドット(Amazon Dot)」「アマゾン・タップ(Amazon Tap)」で聞く人には月額3.99ドル(約410円)の割引料金で提供する。プライム会員は月額7.99ドル(約830円)か年間79ドル(約8200円)で利用できる。

 アマゾンによると、現在サービスを提供しているのは米国のみだが、年内には英国、ドイツ、オーストリアでも開始する予定だ。

 音楽ストリーミングは今年に入り利用が拡大しており、音楽の聴取動向を調査している米バズアングル・ミュージック(BuzzAngle Music)によると、今年上半期のストリーミング回数は前年同期の2倍余りに急増している。

 全米レコード協会(RIAA)によれば、今年6月時点の全米のストリーミングサービス利用者は1830万人と、前年同月の910万人から倍増している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>