トップ > ライフ > ライフ

菜食主義向けジャンクフードが大流行 ドーナツにハンバーガーも 米国

2016年8月14日 13:05 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

菜食主義向けジャンクフードが大流行 ドーナツにハンバーガーも 米国
1/17
米カリフォルニア州ロサンゼルスのドーナツ店にディスプレーされたビーガン(完全菜食主義者)向けのフルーツドーナツ(2016年8月5日撮影)。(c)AFP/DAVID MCNEW

【8月14日 AFP】ビーガンとは、健康と環境への配慮を最優先する考えから肉や卵、乳製品など動物性の食品は一切口にしない完全菜食主義者のことだ。ある調査によれば、自らをビーガンと認識している米国人はカリフォルニア(California)州を中心に700万~800万人いるという。

 しかしビーガンといえども、ジャンクフードの味は忘れがたいようだ。そんなビーガンたちのために、カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles)やアナハイム(Anaheim)では、ビーガン向けのドーナツやピザ、代用肉を用いたハンバーガーといった「ヘルシー」なジャンクフードを提供する店が登場。人気も上々だという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>