トップ > ライフ > ライフ

世界最高齢で19世紀生まれ唯一の存命者、長寿の秘訣は?

2016年5月20日 16:12 発信地:ベルバニア/イタリア

このニュースをシェア

世界最高齢で19世紀生まれ唯一の存命者、長寿の秘訣は?
1/5
イタリア北部のベルバニアで、AFPカメラマンの撮影に応じる116歳のエマ・モラノさん(2016年5月14日撮影)。(c)AFP/OLIVIER MORIN

【5月20日 AFP】世界最高齢、現在116歳のイタリア人、エマ・モラノ(Emma Morano)さんは20代の頃、歌ったり踊ったりすることが大好きだった。彼女の次の目標は、2020年代に、記録されているなかで史上最長寿の人物となることだ。

 今月12日、それまでの世界最高齢者だった米国人女性スザンナ・ムシャット・ジョーンズ(Susannah Mushatt Jones)さん(116)が死去したため、モラノさんは新たな世界最高齢者になったと同時に、確認されている19世紀生まれの唯一の存命者となった。

 ジョーンズさんが亡くなってからAFPがモラノさんのもとを訪ねると、彼女はとても健康そうで、1997年に122歳と164日で亡くなり、世界で最も長く生きた人物として記録されているフランス人女性のジャンヌ・カルマン(Jeanne Calment)さんの記録を十分に更新できそうだ。

 1899年11月29日生まれのモラノさんは8人きょうだいの長女。きょうだいの誰よりも長生きし、存命していた最後の妹は5年前に102歳で亡くなった。

 モラノさんは現在、介護者の助けを受けながら、2人のめいに面倒を見てもらっている。歩くことはできず、視力の低下でテレビもよく見えない。アパートから25年間出ていないというが、医師のカルロ・ババ(Carlo Bava)氏が週に1度、往診に訪れている。

 ババ医師は、モラノさんに世界最高齢者になったというニュースを伝えた際、彼女はそれをとても喜んでいたと話してくれた。

 同医師は、患者の長生きを支える、少なくとも妨げにはならない型破りな食生活で世界的な注目を集めた。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>