トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事故

タイ・バンコクでボート爆発、約60人病院に搬送

2016年3月5日 15:54 発信地:バンコク/タイ

このニュースをシェア

タイ・バンコクでボート爆発、約60人病院に搬送
タイの首都バンコクのチャオプラヤ川を渡るボートに乗ろうと並ぶ人々(2015年1月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/NICOLAS ASFOURI

【3月5日 AFP】タイの首都バンコク(Bangkok)のセンセーブ運河(Saen Saeb)で5日、通勤客らが乗ったボートのエンジンが爆発し、約60人がやけどを負うなどして病院へ搬送された。負傷者の中には日本人1人とミャンマー人2人の計3人の外国人が含まれている。

 現地の救急センターによると、負傷者のうち14人が現在も治療を受けている以外はすでに全員退院した。警察の初動捜査では、船の後部で燃料のガスが漏れ、エンジンで爆発が起きた可能性が示唆されている。

 現地のテレビ局チャンネル3(Channel 3)に目撃者が語ったところによると、船着場にボートが到着した際に大きな音が鳴り響き、乗客らは一斉に桟橋へ飛び移ろうとしたり、水の濁った運河に飛び込んだりした。

 ボートを運航している民間会社ファミリー・トランスポート(Family Transport)の代表は同テレビ局に対し、捜査が行われている間は、液化天然ガス(LNG)を燃料としている自社のボート25隻の運航を中止すると語った。爆発したボートはガスエンジン方式で、使用開始から8年目だったという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>