トップ > ニュース > 経済

中国、海上浮動式の原子力発電所を建設へ

2016年1月27日 20:56 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

中国、海上浮動式の原子力発電所を建設へ
オーストリア・ウィーンで開催された第58回国際原子力機関(IAEA)総会でスピーチする中国国家原子能機構の許達哲主任(2014年9月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/DIETER NAGL

【1月27日 AFP】(訂正)2020年までに原子力発電による電力容量の倍増を目指す中国が、海上浮動式の原子力発電所の建設を計画を進めている。中国国家原子能機構(CAEA)の許達哲(Xu Dazhe)主任が27日、記者会見で発言した。

 許主任は、関係当局が「海上浮動式の発電所」の計画を策定中だと語り、「中国は海洋強国になることに力を注いでおり、海洋資源を十全に活用することになるだろう」と述べた。

洋上での原子力発電といえば、航空母艦や潜水艦などに搭載されているものが知られているが、民間の発電利用のものとしては、ロシアが現在建設を進めているとされるものの、それ以外では前例がないとみられる。

 中国政府は第13次5か年計画に、洋上の原子力発電所2基の開発を盛り込んでいた。

 開発を担当する中国核工業集団(CNNC)と中国広核集団(CGN)の声明によると、CNNCは2019年までに、またCGNは20年までに洋上原子力発電所の稼働を見込んでいる。洋上の原油・ガス掘削施設や、離島や遠方の島しょ部の開発に電力を供給することが可能になると、両社は声明で述べている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>