トップ > ライフ > ヘルス

10人のジカウイルス感染を確認、ドミニカ共和国

2016年1月24日 15:58 発信地:サントドミンゴ/ドミニカ共和国

このニュースをシェア

10人のジカウイルス感染を確認、ドミニカ共和国
ペルーの首都リマ郊外にある墓地で薫蒸消毒する専門家(2016年1月15日撮影、資料写真)(c)AFP/ERNESTO BENAVIDES

【1月24日 AFP】ドミニカ共和国は23日、蚊が媒介するジカウイルスに10人が感染したことを確認したと明らかにした。同ウイルスは、深刻な出生異常との関連が疑われている。

 アルタグラシア・グスマン(ltagracia Guzman)保健相によると、感染が疑われた27人のサンプルを米国の研究所で検査した結果、10人の感染が確認されたという。

 同相は、「この結果を考慮し、ジカウイルスへの感染予防や封じ込めに向け、国中で厳しい対策を取る必要がある」と述べた。

 ジカウイルスは、新生児の出生異常、脳や頭蓋の発育が悪く通常よりも頭部が小さい小頭症との関連が疑われているほか、感染すると流産する確率が高いという。

 ジカウイルスの封じ込め対策として、蚊の発生場所になる可能性のある水たまりをなくすなど、蚊の撲滅を強化する対策などが提案されている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>