トップ > ニュース > 社会

米で処刑された死刑囚10%が退役軍人

2015年11月10日 20:18 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

米で処刑された死刑囚10%が退役軍人
米ワシントンD.C.にあるベトナム戦争戦没者慰霊碑での式典で米国旗を掲揚する儀仗(ぎじょう)兵(2011年11月11日撮影、資料写真)。(c)AFP/MLADEN ANTONOV

【11月10日 AFP】米国で処刑された死刑囚の少なくとも10%が退役軍人だとする報告書が、10日発表された。裁判所は退役軍人たちの精神状態をほとんど考慮していないと、米非営利組織(NPO)「死刑情報センター(DPIC)」が警告している。

 今年ジョージア(Georgia)州で処刑されたアンドリュー・ブラナン(Andrew Brannan)死刑囚は従軍し、心に傷を負って帰還したが、殺人を犯し、死刑に処された多くの米軍兵士たちの一人だ。

 警察学校では、1998年にブラナン元死刑囚がスピード違反で停止させられた際の映像を見せている。この映像を見れば、ブラナン元死刑囚の心理状態をうかがい知ることができるだろう。

 映像はブラナン死刑囚に殺害された警察官、カイル・ディンケラー(Kyle Dinkheller)氏の車載カメラで撮影された。停止させられたブラナン元死刑囚はピックアップトラックから降りると、ディンケラー氏を挑発しようと狂ったように踊りだし、同氏の命令に従わなかった。ののしり言葉を交ぜながら「俺はベトナム退役軍人だ」と叫んだブラナン元死刑囚は車に戻って銃を取り出し、発砲。ディンケラー氏は9発撃たれ、現場で死亡した。

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の診断を受けていたブラナン元死刑囚の裁判で弁護士は、情状酌量を求めたが、余地なしとされた。

■栄光から汚名へ

 ニューヨーク州弁護人協会(New York State Defenders Association)で退役軍人の弁護プログラムの法務責任者を務めるアート・コーディー(Art Cody)氏は「米国の人口の中で、退役軍人は7%に満たない。そうしたことから裁判官も陪審員も検事も、被告弁護人でさえも、軍での経験については基本的に知識がない」「退役軍人の状態についていい加減な知識ならばあるかもしれないが、軍人としての背景や経験が、被告となった退役軍人と彼・彼女らが犯した犯罪にどう影響を与えているか、法的決定を下す側が十分な理解を欠いている場合が多い」と話した。

 米全土には退役軍人の死刑囚が約300人いる。中には、勲章を受けた兵士でありながら転落をたどった者もいる。1967年にパープル・ハート勲章(Purple Heart)を授与されたベトナム戦争の退役軍人、ロバート・フィッシャー(Robert Fisher)死刑囚は、13年後、深く精神を病み、自らの伴侶を殺害した。

 DPICの報告書によると、ベトナム戦争(Vietnam War)から帰還した80万人以上にPTSDの兆候がみられた。アフガニスタンとイラクから帰還した30万人もPTSDに苦しんでいる。後者では、外傷性の脳の損傷もよくみられる。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>