トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

友人をゾンビと思い込み殺害、「ホラー番組の見過ぎで」 米

2015年10月27日 10:32 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

友人をゾンビと思い込み殺害、「ホラー番組の見過ぎで」 米
「ゾンビに変身して」噛みつこうとしてきたとの理由で友人を殺害した疑いで逮捕されたデーモン・ペリー容疑者。米ニューメキシコ州グランツ警察提供(2015年10月26日提供)。(c)AFP/GRANTS POLICE DEPARTMENT

【10月27日 AFP】米ニューメキシコ(New Mexico)州で先週、米人気ホラーテレビドラマ「ザ・ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」を視聴していた男が、「ゾンビに変身して」噛みつこうとしてきたとの理由で友人を殺害する事件があった。地元警察が26日、発表した。

 デーモン・ペリー(Damon Perry)容疑者(23)は22日、同州にある小さな町グランツ(Grants)の集合住宅で、包丁やエレキギター、電子レンジを使って被害者を殺害したとされる。容疑者はその後、集合住宅の他の住民らを襲いはじめ、警察に通報された。

 地元警察の捜査官はAFPに対し、「現場はかなり凄惨で、容疑者の供述も突飛だった」と語った。容疑者は、殺人を犯した理由について「酒を飲み過ぎたことと、『ザ・ウォーキング・デッド』を見過ぎたため」と供述したという。

 同番組はコミックシリーズを原作とした人気ドラマで、ゾンビで溢れる荒廃した世界が舞台。

 グランツ警察によると、ペリー容疑者には子どもが2人おり、初動捜査の結果、精神疾患の既往歴はなかったという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>