トップ > 環境・科学 > IT

オバマ大統領、ツイッターの個人アカウント開設

2015年5月19日 14:47 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

オバマ大統領、ツイッターの個人アカウント開設
1/2
パソコンの画面上に表示された、バラク・オバマ米大統領のツイッターアカウントのページ。米ワシントンD.C.で(2015年5月18日撮影)。(c)AFP/MANDEL NGAN

【5月19日 AFP】「ハロー、ツイッター(Twitter)!バラクです。本当ですよ!6年たって、ようやく自分のアカウントをもらえました」──バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は18日、米ホワイトハウス(White House)の大統領執務室(Oval Office)で、自身のスマートフォンから初のつぶやきを投稿し、就任以来続いてきたセキュリティー面や官僚主義による束縛を解き放った。

 同大統領のアカウントは、自身の肩書き「President of the United States(米大統領)」の頭文字をとった「@POTUS」。開設からわずか約30分で15万人近いフォロワーを集めた。世界で最もハッキングのターゲットになりやすいアカウントの一つになるとはいえ、オバマ大統領はこれにより、初めてツイートを直接投稿できるようになった。

 これまでは、大統領執務室のアカウント「@WhiteHouse」や、選挙活動時のスタッフのアカウント「@BarackObama」を通して自身の発言をツイートしてきた。今回のアカウントのプロフィールには、「父親であり、夫であり、米国の第44代大統領」との自己紹介文が書かれている。(c)AFP

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>