トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

チェルノブイリで森林火災、「原発に影響なし」と当局

2015年4月29日 9:56 発信地:キエフ/ウクライナ

このニュースをシェア

チェルノブイリで森林火災、「原発に影響なし」と当局
1/11
ウクライナのチェルノブイリ原発近くで発生した森林火災の消火活動に当たる航空機(2015年4月28日撮影)。(c)AFP/UKRAINIAN PRIME MINISTER PRESS-SERVICE/ANDREW KRAVCHENKO

【4月29日 AFP】(写真追加)1986年に史上最悪の原子力災害が発生したウクライナのチェルノブイリ(Chernobyl)原発付近で28日、森林火災が発生した。しかし当局は、原発そのものへの危険はないとしている。

 同原発の広報担当者はAFPの電話取材に対し、「火災発生場所はチェルノブイリから15~20キロ離れている」として、原発自体に「問題はない」と話した。

 しかしアルセン・アバコフ(Arsen Avakov)内相 は、「炎が高く上がり突風にあおられれば延焼の危険性も高まる」と警戒感を示した。

 チェルノブイリ原発周辺は1986年の事故以来避難地域となっており、最後の原子炉の運転も2000年には停止されたが、原子炉の新たな覆いを造る作業が行われている立入禁止区域内で引き続き勤務している職員もいる。

 チェルノブイリは首都キエフ(Kiev)からは約100キロ離れている。アバコフ内相によると、火はチェルノブイリ原発付近の400ヘクタールに広がったという。国家非常事態対策当局の話では、消防隊員約200人と多数の消防車が出動して消火作業に当たっているほか、航空機で上空からも散水した。火災発生時刻は28日正午すぎ(日本時間同日午後6時15分ごろ)だったという。

■「放射線レベルに変化なし」

 アルセニー・ヤツェニュク(Arseniy Yatsenyuk)首相は同日午後現地を訪れ、緊急作業員らから直接話を聞いた。

 ヤツェニュク首相は、消火に当たる航空機が離陸する空軍基地で記者会見し、「状況はアンダー・コントロールだ(制御されている)」「緊急対策当局が延焼を食い止めるため全力を尽くしている」と述べた。

 原子力関連の検査を担当するウクライナ政府職員はAFPに対し、「チェルノブイリ原発の放射線レベル変化はない」と伝えた。

 ウクライナではこの火災発生の2日前にチェルノブイリ事故から29年を迎え、追悼式典が行われたばかりだった。(c)AFP/Oleksandr SAVOCHENKO

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>