【4月23日 AFP】米裁判所は21日、ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)で購入したハンバーガーにベーコンが2回連続で入っていなかったことが発覚した後、店舗に向かって発砲した女に、禁錮3年以上7年以下の量刑を言い渡した。

 米ABCテレビ系列のWZZMが22日に報じたところによると、ミシガン(Michigan)州在住のシャニカ・モニク・トレス(Shaneka Monique Torres)被告(30)は先月、武器携帯や建物に向かっての発砲などの罪で有罪が確定していた。

 WZZMによれば、被告は2014年2月10日夜、友人と車でマクドナルド店舗を訪れ、ドライブスルーでベーコンチーズバーガーを注文したが、受け取った商品にはベーコンが入っていなかった。店舗では店長が謝罪して返金を申し出たという。

 トレス被告は、その数時間後に再び同じ店舗を訪れて商品を注文したが、この時もハンバーガーにベーコンが入っていなかった。すると被告は店員に向かって怒鳴り散らし、ハンドバッグの中から拳銃を取り出して、店に向かって発砲した。負傷者はなく、被告の車の運転席の窓が粉々に割れただけだったという。約30分後、被告は店舗から約1.6キロ離れた地点で身柄を確保された。

 報道によると被告側弁護人は、発砲は事故で、ハンバーガーにベーコンが入っていなかったこととは無関係だと主張していた。(c)AFP