AFPBB News 編集部より読者の皆様へ

 正確さとスピードはAFPBB Newsが読者の皆様への責任を果たす上での鍵です。

 私たちはインターネットを含むあらゆるメディアで公開された情報は、世界のできごとを後世に伝える大切な歴史の記録だと考えており、誤りがあれば速やかに訂正いたします。

 訂正若しくは内容を明確にするための説明を追加した場合は、当該記事へのリンクを添えてこのページに掲載いたします。

 誤りや不明確な記述にお気づきの際は当該記事のURLを添えて、こちらよりお問い合わせください。その際、参考になるウェブサイトへのリンクなどがあれば、そちらも是非お送りください。

 AFPBB News ではフランス通信(AFP)の報道方針に沿って編集業務を行っています。AFPの報道方針は下記ページをご覧ください。

------------------------------- 訂正事項 ----------------------------------
2017年4月訂正

>メイドに食事与えず体重20キロ台に…夫婦を収監 シンガポール

本文第2段落で日本円への換算金額を訂正しました。
誤:1万シンガポールドル(約7万9000円)
正:1万シンガポールドル(約79万円)

(2017年4月13日)

 

>平壌で国際マラソン大会、外国人ランナーとハイタッチも 北朝鮮

本文第5段落で男女の優勝者のタイムを訂正しました。
男子のパク・チョル選手のタイムは2時間13分56秒ではなく2時間14分56秒、
女子のチョ・ウンオク選手のタイムは2時間29分23秒ではなく2時間29分22秒でした。

(2017年4月11日)

 

2017年3月訂正

>「自然療法でがん治癒」とうそ、ブロガーに有罪判決 豪

本文第5段落で以下の通り修正しました。
誤:110万豪ドル(約9500万ドル)
正:110万豪ドル(約9500万円)

(2017年3月25日)

 

>トランプ大統領、環境・外交予算の大幅減提案 国防強化で

本文第6段落で米ドルの日本円への換算に誤りがありましたので訂正しました。

(2017年3月17日)

 

>金正男氏殺害、女2人を起訴へ マレーシア当局

見出しに誤りがありましたので訂正しました。
誤:金正恩氏殺害、女2人を起訴へ マレーシア当局
正:金正男氏殺害、女2人を起訴へ マレーシア当局

(2017年3月1日)

 

2017年2月訂正

>米ハリウッドの有力組合、トランプ氏の入国禁止令に抗議

本文第3段落で「性的嗜好(しこう)」を「性的指向」に、「機会の平等が認められるべく」を「機会の平等を尊重しているとして」に訂正しました。

(2017年2月9日)

 

>仏軍人ラファイエットが乗った帆船の復元船、いよいよ初航海

>動画:仏軍人ラファイエットが乗った帆船の復元船、いよいよ初航海

>動画:仏軍人ラファイエットが乗った帆船の復元船、米国に向けて出港

>米独立戦争支援の仏帆船、復元され大西洋へ

>動画:仏帆船「エルミオーヌ」復元船、勝利の地に入港米国

>字幕:米独立を支援した「エルミオーヌ号」の復元船、勝利の地へ

>米独立支援の仏帆船「エルミオーヌ」号の復元船、NYに入港

>動画:仏帆船「エルミオーヌ」復元船、NYで独立記念日のパレードを先導

復元された帆船の船名のカタカナ表記を「ハーマイオニー」としていましたが、フランス語の発音に合わせて「エルミオーヌ」に訂正しました。

(2017年2月8日)

 

>マティス米国防長官、安倍首相と会談 「100パーセント、日本と協力」

本文第3段落でマティス米国防長官の発言を以下の通り訂正するとともに、情報を追加しました。
訂正前:「われわれは100パーセント、しっかりと肩を並べて首相、そして日本国民を支持していく」
訂正後:「わが国は断固として(安倍)首相および日本国民と共に立ち、100%協力していく」

(2017年2月6日)

 

>米大学で激しいデモ、極右編集者来校で トランプ氏は補助金取り上げ示唆

大学構内の窓を割るなどの暴力行為をしたのは当初、学生だと伝えられていましたが、その後、部外者とみられることが分かったため記事を更新しました。

(2017年2月4日)

 

2017年1月訂正

>雪崩がホテルを直撃、25人死亡の恐れ 地震頻発の伊中部

本文第1段落に地震が発生したのは19日との記載がありましたが、正しくは18日ですので訂正いたしました。

(2017年1月24日)

 

>行方不明の若い女性、遺体で見つかる 殺人少ないアイスランドに衝撃

本文第5段落で「アイスランド出身の25歳と30歳のトロール漁船の乗組員」としていたのは「デンマーク領グリーンランド(Greenland)出身の~」の誤りでした。

(2017年1月24日)

 

>消費量増える犬肉、海外の抗議が裏目に?中国

>中国「犬肉祭」、中国人女性が犬100匹を買い取り救出

>中国「犬肉祭」に抗議、地元住民反発で取引量増も

本文と写真キャプションで「広西省チワン族自治区」としていたのは「広西チワン族自治区」の誤りでした。

(2017年1月24日)

 

>米軍、「自己防衛」でアフガン市民33人死亡と発表

発表を行ったのはNATOだったとしていましたが、実際には米軍でした。見出しと本文を全体的に修正しました。

(2017年1月13日)

 

2016年12月訂正

>3800年前の根菜を発見、先住民が栽培 カナダ

見出しと本文で「ジャガイモ」と書いていましたが、正しくはジャガイモではなく 「インディアン・ポテト(Indian potato)」とも呼ばれるワパト(wapato、学名:Sagittaria latifolia)という植物でしたので、訂正しました。

(2016年12月29日)

 

>動画:超過密拘置所で「美人コンテスト」、フィリピン

>【AFP記者コラム】街角の死体、地獄絵の拘置所──フィリピン「麻薬撲滅戦争」の実態

>フィリピンの超過密拘置所、当局が改善へ AFP報道きっかけで

>動画:超過密の拘置所、フィリピン警察が犯罪撲滅に全力

>超過密!定員800人の拘置所に収容者3800人 フィリピン

この施設は禁固刑などを受けた人を収容する「刑務所」ではなく、刑事事件の被告を収容する「拘置所」でした。見出し、記事本文、写真キャプションで「刑務所」を「拘置所」に訂正しました。

(2016年12月25日)

 

>入浴剤飲み49人死亡、ロシア都市が非常事態宣言

本文第2段落で「25ミリリットル入りのボトル1本」としていたのは「250ミリリットル入りのボトル1本」の誤りでした。

(2016年12月20日)

 

>ベスナ・ブロビッチさん死去、旅客機爆破で奇跡的生還の元客室乗務員

本文第1段落で「34年前の旅客機爆破事件」とあったのは「44年前の旅客機爆破事件」の誤りでした。

(2016年12月15日)

 

>900人死亡の難民船沈没事件、「船長」に禁錮18年・賠償11億円

本文第1段落で、モハメド・アリ・マレク被告をアルジェリア国籍としていましたが、正しくはチュニジア国籍でした。

(2016年12月14日)

 

>アレッポの子ども、全員に心的外傷 「防衛本能失いつつある」

ユニセフのスポークスマンの発言に誤りがあったことが分かったため、本文第2段落を以下の通り訂正しました。

訂正前
アレッポ市内で取材に応じたユニセフ現地事務所のラドスラフ・ジェハック(Radoslaw Rzehak)所長の試算によれば、アレッポでは50万人もの子どもたちが何らかの精神的・社会的な助けを必要としている。このうち10万人には、より専門的な支援が必要だという。

訂正後
ユニセフは、アレッポ市内に住む子どもの数を20万~23万人と推定している。

(2016年12月13日)

 

>トランプ氏、台湾総統との電話会談についてツイート

本文第2段落に誤訳がありましたので訂正しました。
訂正前
「米国がどのように台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っているのかは興味深いが、私は祝いの電話を受けるべきではない」
訂正後
「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っていながら私は祝いの電話を受けるべきではないというのは興味深い」

見出しも以下の通り訂正しました。
訂正前
トランプ氏、台湾総統との電話会談についてツイッターで弁明
訂正後
トランプ氏、台湾総統との電話会談についてツイート

(2016年12月3日)

 

2016年11月訂正

>ローマ法王、中絶への司祭による「許し」 無期限で継続

当初の見出しは「中絶「許す」権限、全司祭へ恒久的に付与 ローマ法王」でしたが、読者の方から、中絶することを許可しているように受け取れるため不適切とのご指摘を受け、「ローマ法王、中絶への司祭による「許し」 無期限で継続」に変更しました。これに合わせて本文中で「許す」としていた部分を「許しを与える」と変更しました。

また、英文原稿により忠実にするため、本文第1段落で以下の通り変更を行いました。
変更前
妊娠中絶を罪とみなすローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(79)は21日、中絶に許しを与える権限を全司祭に付与すると宣言した。
変更後
ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(79)は21日、特別聖年に当たって中絶をした人に許しを与えることを全司祭に認めていた措置を無期限で継続すると宣言した。

さらに、一時的に導入されていた措置が継続されることになったことをよりはっきりさせるため、本文第2段落に以下の一文を追加しました。
「さらに「このことに関する規定は慈しみの特別聖年に限定したものだったが、これと矛盾する別段の定めがあろうとも、ここにこの規定を延長する」と述べた。」

(2016年11月23日)