トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

「空気銃って痛い?」試し撃ちでお尻に負傷 オーストラリア

2010年6月24日 8:51 発信地:メルボルン/オーストラリア

このニュースをシェア

「空気銃って痛い?」試し撃ちでお尻に負傷 オーストラリア
ジョギングパンツからのぞくお尻をかたどったグッズを着けて走る人たち(撮影日不明、資料写真)。(c)AFP/Derrick Ceyrac
【6月24日 AFP】オーストラリアで20日夜、飲み仲間の男性2人が、空気銃の弾が当たったら痛いかを試そうとし、互いのお尻に空気銃を撃ち合って負傷するという事件があった。

 男性はどちらも34歳で、2人とも空気銃の弾が皮膚を貫通し、23日までにそれぞれ臀部と脚から除去する手術を受けた。

 警察によると2人は日曜の夜に一緒にビールを飲んでいたときに、空気銃で撃たれたら痛いかどうかを試してみようということになり、お互いの臀部に向けて撃ち合った。男性たちは「ちょっと痛かった」が、そのほかは問題なかったと言っているという。

 ただし片方の男性はこの事件により、小火器所持のライセンスを剥奪された。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>