小惑星「アポフィス」、2036年衝突の確率大幅低下 NASA

2009年10月08日 19:20 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
  • 楽天SocialNewsに投稿!

太陽と同じ程度の年齢・大きさの惑星周囲の軌道上にできた小惑星帯の想像図(2005年4月20日、NASA発表)。(c)AFP/NASA

関連写真1/1ページ(全1枚)

  • 「空飛ぶ円盤」で火星表面に物資を、NASAが試作機
  • コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か
  • 宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡
  • 遺伝性疾患治療にクローンヤギの乳、特別な酵素含む ブラジル研究
  • 史上最大級のT・レックス化石、米首都の博物館に到着
  • ヒグマの視点で撮影された映像、仏博物館で公開
  • 皆既月食の「赤い月」、米大陸で観測
  • 早すぎる開花に奇妙な花…「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑
  • 低血糖だと夫婦は険悪に、米研究
  • 苦情ツイートへの返答にわいせつ画像、USエアウェイズが謝罪
  • 「ハートブリード」バグで150万人情報流出か 英育児サイト
  • 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
  • 米グーグル、ソーラー無人機メーカーを買収
  • 温暖化防止目標実現には、エネルギー改革が必須 IPCC
  • 米海軍、海水を燃料にする技術を開発
  • 火星、過去の温暖湿潤期は一時的か 米研究
  • パリの動物園、240億円かけ大改修 「人類と動物の共生」に重点
  • ノルウェーで電気自動車ブーム、月間販売台数が過去最高を記録
  • 中国で今度は「有毒水道水」、ペットボトル水に市民殺到 報道
  • セキュリティーバグ「ハートブリード」、広がる波紋と対策
【10月8日 AFP】2036年に地球に衝突する可能性がある小惑星アポフィス(Apophis)について、米航空宇宙局(NASA)は7日、衝突の確率を大幅に下げた。

 直径270メートル、サッカー場の2.5倍程度の大きさのアポフィスは、2004年にその存在が発見され、地球に対する脅威が指摘されて大きな注目を浴びた。

 NASAではこれまで衝突の確率を「4万5000分の1」と見積もっていたが、新しい測定法とデータによる計算では25万分の1に下がった。今回の計算は米カリフォルニア(California)州パサデナ(Pasadena)にあるNASAジェット推進研究所Jet Propulsion LaboratoryJPL)のスティーブ・チェスリー(Steve Chesley)氏とポール・チョーダス(Paul Chodas)氏が行った。(c)AFP


【関連情報】13歳少年がNASAの計算の誤り訂正、小惑星が地球に衝突する確率で
【関連情報】小惑星衝突確率の計算めぐり、NASAが13歳独少年の誤り指摘に反論

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

このニュースへのリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/2650861

トピックス

お知らせ

PRリンク

BPNPR

カテゴリ登録はこちらより