小惑星「アポフィス」、2036年衝突の確率大幅低下 NASA

2009年10月08日 19:20 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

小惑星「アポフィス」、2036年衝突の確率大幅低下 NASA ▲ キャプション表示

×太陽と同じ程度の年齢・大きさの惑星周囲の軌道上にできた小惑星帯の想像図(2005年4月20日、NASA発表)。(c)AFP/NASA

写真拡大
【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら
【10月8日 AFP】2036年に地球に衝突する可能性がある小惑星アポフィス(Apophis)について、米航空宇宙局(NASA)は7日、衝突の確率を大幅に下げた。

 直径270メートル、サッカー場の2.5倍程度の大きさのアポフィスは、2004年にその存在が発見され、地球に対する脅威が指摘されて大きな注目を浴びた。

 NASAではこれまで衝突の確率を「4万5000分の1」と見積もっていたが、新しい測定法とデータによる計算では25万分の1に下がった。今回の計算は米カリフォルニア(California)州パサデナ(Pasadena)にあるNASAジェット推進研究所Jet Propulsion LaboratoryJPL)のスティーブ・チェスリー(Steve Chesley)氏とポール・チョーダス(Paul Chodas)氏が行った。(c)AFP


【関連情報】13歳少年がNASAの計算の誤り訂正、小惑星が地球に衝突する確率で
【関連情報】小惑星衝突確率の計算めぐり、NASAが13歳独少年の誤り指摘に反論

本日の必読記事1日2回更新

このニュースの関連情報

おすすめ写真特集

トピックス

注目ニュース

国際ニュースランキング

  • アクセス
  • 大画面

    今ネットで話題の記事

    お知らせ

    BPNPR

    カテゴリ登録はこちらより

    おすすめコンテンツ