トップ > 環境・科学 > 科学・技術

「世界一弱い」目指したダンボールロボ、国際次世代ロボットフェア

2008年11月27日 1:59 発信地:大阪

このニュースをシェア

「世界一弱い」目指したダンボールロボ、国際次世代ロボットフェア
1/5
大阪市で開催中の「国際次世代ロボットフェア」で、ロボット開発ベンチャーのイーガー(Eager)などが製作したダンボール素材の「紙マネキンロボット」(2008年11月26日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO
【11月27日 AFP】大阪(Osaka)市で26日開幕した「国際次世代ロボットフェア」で、「世界一弱いロボット!」を合言葉に製作されたダンボール素材のボディーを持つ「紙マネキンロボット」が登場した。

 ロボット開発ベンチャーのイーガー(Eager)と包装設計などを行う城東紙器が共同出展した。

 28日まで3日間の日程で開催されるこのフェアには、ロボット関連企業や研究所約60社が参加、最新のロボット技術を紹介している。(c)AFP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>