SDGs

AFPWAA STUDENT WORKSHOP SDGs 2019

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された世界を変えるための17の国際目標: Sustainable Development Goals(SDGs:持続可能な開発目標)。
WORKSHOPに参加した学生は、AFP ForumのデータベースからSDGsの課題に相応しいと考える1枚の写真を選定し、日本語のタイトルと解説文をつけてレポートを制作します。
今回のワークショップの目的は、世界各国13,000社のメディアが活用している通信社のデータベースを、課題制作を通じて実際に自らのものとして体験してみることにあります。

協賛:SDGsポイント研究所@ジャパン(事務局:有限会社ラウンドテーブルコム)

United Nations, New York, USA, May 14, 2019 - Fourth UN Multi-stakeholder Forum on Science,
Technology and Innovation for the SDGs (STI Forum) today at the UN Headquarters in New York. Photo: Luiz Rampelotto/EuropaNewswire

・SDGs GOAL1 「NO POVERTY -貧困をなくそう-」> ・SDGs GOAL2 「ZERO HUNGER -飢餓をゼロに-」> ・SDGs GOAL3 「GOOD HEARTH AND WELL-BEING -すべての人に健康と福祉を-」> ・SDGs GOAL16「PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS -平和と公正をすべての人に-」募集中>

協力:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン


グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン「持続可能な世界を実現するために、今、日本企業が取り組んでいること~グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)15年間の歩みとSDGs」
有馬利男(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン代表理事)・桑原りさ(キャスター、ラジオパーソナリティ、司会者 Sweet Oblige by Asa & Lisa 代表)


ここに掲載されているAFPWAA WORKSHOP作品に於ける「作品タイトル」と「本文(日本語部分)」はあくまでも応募者の見解であり、写真英文キャプション及びAFP通信の報道と必ずしも一致するとは限りません。



SDGs

SDGs GOAL3

「GOOD HEARTH AND WELL-BEING -すべての人に健康と福祉を-」

WORKSHOPに参加した学生は、AFP ForumのデータベースからSDGsの課題に相応しいと考える1枚の写真を選定し、日本語のタイトルと解説文をつけてレポートを制作します。

優秀賞「小さな命を守る」

優秀賞「小さな命を守る」


この写真はナイジェリアの医者が子供に、病院ではなく道で予防接種をしているところです。誰でも病院に行けるわけではないということが分かります。これはポリオという病気のワクチンで、ナイジェリア等の3カ国で流行しています。私は福祉と聞いて予防接種が思い浮かび、学校で集めていたペットボトルキャップの事を思い出しました。集めたキャップを売ったお金でワクチンを買うというシステムです。調べたところポリオは治療法がありません。だから、予防接種が大事だと思いました。予防接種は、健康でいるための一つの方法です。日本は公費で予防接種が受けられますが、それは国にお金があるからです。福祉においてお金は一番大事なことです。お金がなければ福祉を提供できません。しかし、世界には貧しい国がたくさんあります。そういう国は、他の国から助けてもらい、皆が福祉を受けられるようになればいいなと思います。


[工学院大学附属中学校 篠崎 咲彩]



 [講評]加来賢一(AFPWAAディレクター)
今回のワークショップの課題は、一枚の写真から読み取れる情報とその感想を自分の言葉で書くことにあります。
篠崎さんのレポートを読むと、AFP Forumで調べた際に英文キャプションをきちんと読み込んだ上で記述していることが解ります。写真から受ける情緒的な印象のみで終止するのでなく、描写されている内容について正確に理解した上で、さらに「ポリオ」と「公費での予防接種=福祉が成立するための条件」や「開発途上国への援助」へと論考を進めています。このレポートから「自分が今立っている場所から、同時代の世界についてさらに深く学んでゆく知の思考」を明確に読み取ることが出来ます。



SDGsポイント研究所賞「おしゃれの楽しみ」

SDGsポイント研究所賞「おしゃれの楽しみ」


健康とは身体面においてだけではないはずだ。この写真には手しか写っていないが、その表情は容易に想像できる。きっと嬉しそうに自分の手を見つめ、笑っているのだろう。それは普通の女の子以外の何物でもなく、そう考えた時に自分が無意識のうちに彼女を障害というフィルターを通して見ていたことに気が付いた。自分の手でマニキュアを塗るこの女の子に障害という言葉は相応しくない。他人の手を借りずとも自分の意思だけで行動できるようになればその人自身の心の健康にも、そして誰も障害の有無で区別されない社会にも繋がる。今は可能性を追求する時代だという。医療の発達で身体的な健康には手が届きやすくなった現在、次に求めるものは個人と社会の心身の健康だと思う。全ての人が心身ともに健康でいられる世界は、全ての人が同じ人間として認めあえる世界にしか実現しない。自分の意識は簡単に変えられる。それぞれの日々を生きている人たちを不幸な障がい者と勘違いしないために、まずは自分を変えていきたい。(ペンネーム:しゃぼん玉)


[國學院大學久我山高校]



[講評]柳沢富夫(有限会社ラウンドテーブルコム取締役社長)
写真に写ってる手から写っていない笑顔を想像させるコメント秀逸です。しかもそこから自分事にしています。深い洞察力と想像力が推察されます。世界で起きてる一瞬をこうした目線で捉えられると、様々な問題も解決できるかもしれません。



・SDGs GOAL1 「NO POVERTY -貧困をなくそう-」> ・SDGs GOAL2 「ZERO HUNGER -飢餓をゼロに-」> ・SDGs GOAL3 「GOOD HEARTH AND WELL-BEING -すべての人に健康と福祉を-」> ・SDGs GOAL16「PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS -平和と公正をすべての人に-」募集中>


AFP World Academic Archive(AFPWAA)


AFP World Academic Archive(AFPWAA)はフランス最大の報道機関AFP通信が提供する教育機関向けデータベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新のデジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、高等教育機関における学習を支援するデジタルコンテンツとして最も適しています。グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーションなどを行う授業及び研究において、AFPWAAの活用は非常に効果的です。
さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作物二次使用許諾済みで、煩雑な許諾申請など一切不要です。既に20を超える教育機関に正式導入されており、授業のオンデマンド配信、大学公式サイトから配信する公開講座、アクティブラーニング先進事例等において幅広く活用されてきました。