SDGs

AFPWAA STUDENT WORKSHOP SDGs 2019

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された世界を変えるための17の国際目標: Sustainable Development Goals(SDGs:持続可能な開発目標)。
WORKSHOPに参加した学生は、AFP ForumのデータベースからSDGsの課題に相応しいと考える1枚の写真を選定し、日本語のタイトルと解説文をつけてレポートを制作します。
今回のワークショップの目的は、世界各国13,000社のメディアが活用している通信社のデータベースを、課題制作を通じて実際に自らのものとして体験してみることにあります。

協賛:SDGsポイント研究所@ジャパン(事務局:有限会社ラウンドテーブルコム)

United Nations, New York, USA, May 14, 2019 - Fourth UN Multi-stakeholder Forum on Science,
Technology and Innovation for the SDGs (STI Forum) today at the UN Headquarters in New York. Photo: Luiz Rampelotto/EuropaNewswire

・SDGs GOAL1 「NO POVERTY -貧困をなくそう-」> ・SDGs GOAL2 「ZERO HUNGER -飢餓をゼロに-」>
… ・SDGs GOAL3「GOOD HEARTH AND WELL-BEING -すべての人に健康と福祉を-」[作品募集中: 7月31日締切]

協力:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン


グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン「持続可能な世界を実現するために、今、日本企業が取り組んでいること~グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)15年間の歩みとSDGs」
有馬利男(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン代表理事)・桑原りさ(キャスター、ラジオパーソナリティ、司会者 Sweet Oblige by Asa & Lisa 代表)


ここに掲載されているAFPWAA WORKSHOP作品に於ける「作品タイトル」と「本文(日本語部分)」はあくまでも応募者の見解であり、写真英文キャプション及びAFP通信の報道と必ずしも一致するとは限りません。



SDGs

SDGs GOAL2 「ZERO HUNGER -飢餓をゼロに-」

応募期間:2019/4/1~5/31

WORKSHOPに参加した学生は、AFP ForumのデータベースからSDGsの課題に相応しいと考える1枚の写真を選定し、日本語のタイトルと解説文をつけてレポートを制作します。

最優秀賞「世界的な問題への第一歩」

最優秀賞「世界的な問題への第一歩」


現在、世界的に問題になっている食料問題と飢餓だが、発展途上国だけの問題だと考えてはいないだろうか。実際に先進国でも貧富の格差に伴い、飢餓の拡大が年々進行しているというデータがある。例えば我が国日本でも、持続的でなくとも飢えを経験したことがある国民は少なくないようだ。この写真はフランスのスーパーマーケットのごみ箱から廃棄された食品を収集している団体を映したものだ。この団体は廃棄処分された食品を深夜に集め、フリーマーケットにて無料で配布する、という慈善活動をしている。これは一般国民でも始めることができる飢餓への取り組みであり、身近な食品ロス問題を訴えている。確かに、発展途上国の飢餓問題を解消することは非常に難しいだろう。しかし発展途上国が身近な食品問題を少しずつ解消していき、意識を高めていくことで世界的な飢餓を解消する第一歩になりえるのではないだろうか。(ペンネーム:M.K)


[東京電機大学]



[講評] 加来賢一(AFPWAAディレクター)
今回のテーマ「 飢餓をゼロに」では、発展途上国における「飢えた子供たち」の現状についてレポートした作品が多く見受けられました。しかし、この作品は、先進国における食品ロス問題について冷静に論考しています。
フランスの反食品ロス活動について取材した写真から、わたしたちが普通に暮らしている日本でまず最初に出来る事について、考察してゆく点を高く評価しました。
「世界的な問題への第一歩」という気負わないタイトルのつけかたも謙虚で俊英だと思います。 



優秀賞「小さな幸せ」

優秀賞「小さな幸せ」


飢餓や貧しさは、未解決であり身近な世界の問題だ。私たち学生も、これらの問題について話し合う機会が度々ある。そういった時に出る意見は、「これらの問題をどう解決するか」「これからの日本の対策」「私たち学生にも何か出来ることはないか」といった内容で、これらの問題に直面する人々の気持ちを深く考えることを、実はあまりしていなかったのだなと感じた。この写真に写る少年少女は兄弟で、1番歳上の姉が自分の弟と妹にメキシコの赤十字から配給されたミルクを与えている様子だ。その表情に悲壮さは感じられず、無邪気にかぶりつく少女と笑顔で見守る少年の様子は微笑ましい。干ばつによって慢性化した飢餓に悩まされる彼らにも、彼らだけの幸せがあるのだなと思った。負のイメージが強い飢餓や貧しさといった問題は、もちろん解決していくべきだ。しかし、このような環境だからこそ自覚出来る、恵まれた私たちが見落としがちな小さな幸せもあるのだな、とも私は感じたのだ。


[日本大学東北高等学校 森合 菫]



 [講評] 加来賢一(AFPWAAディレクター)
発展途上国におけるほとんどの子供たちは、恵まれた環境とはほど遠い状況で生きざるを得ないことが多くあります。AFP通信の報道写真はその現状をリアルに描写しており、時にわたしたちは取材記事から強い衝撃を受けることもあります。
今回、森さんのレポートで注目すべきは、写真が描写している内容を深く読み込んでいる点にあります。貧困という概念だけでステレオタイプ的に解釈するのでなく、「無邪気にかぶりつく少女と笑顔で見守る少年の様子は微笑ましい」とレポートする深い洞察力と感性を高く評価しました。



・SDGs GOAL1 「NO POVERTY -貧困をなくそう-」> ・SDGs GOAL2 「ZERO HUNGER -飢餓をゼロに-」>


AFP World Academic Archive(AFPWAA)


AFP World Academic Archive(AFPWAA)はフランス最大の報道機関AFP通信が提供する教育機関向けデータベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新のデジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、高等教育機関における学習を支援するデジタルコンテンツとして最も適しています。グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーションなどを行う授業及び研究において、AFPWAAの活用は非常に効果的です。
さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作物二次使用許諾済みで、煩雑な許諾申請など一切不要です。既に20を超える教育機関に正式導入されており、授業のオンデマンド配信、大学公式サイトから配信する公開講座、アクティブラーニング先進事例等において幅広く活用されてきました。