【11月21日 MODE PRESS WATCH】テキスタイルブランド「マリメッコ(marimekko)」とマイクロソフトがコラボレーションしたタブレット端末「サーフェス(Surface)」向け新アクセサリは、性能にこだわったスマートなデザインの「サーフェス」シリーズに、「マリメッコ」の個性あふれるデザインのコンビネーションで、日々の仕事や作業をよりファッショナブルに演出してくれる。

 個性と自由を尊重しながら、日々の生活をより豊かにするというコンセプトの元で制作された「Marimekko for Microsoft Surface」 のアイテムは、端末を収納するスリーブと、端末に取り付けるキーボードのタイプ カバーの2種。他にもSurface Pro (および Surface Pro 4)の専用スキン シールも展開している。デザインは、マリメッコを象徴するUnikko柄のほか、Räsymatto、Siirtolapuutarha 、Kaivo の4種類。簡単に貼れて着せ替えが楽しめる点がうれしい。(スリーブはUnikko、Rasymattoの2種、タイプ カバーはSiirtolapuutarha 、Kaivoの2種展開。)

 オリジナリティ溢れる美しい「マリメッコ」 のデザインが加わることで、いつものデスクワークも新鮮な気持ちで向き合えそう。「Marimekko for Microsoft Surface」で彩り豊かな自分らしいワークスタイルを見直してみてはいかが?

■製品ラインナップ
・Marimekko for Microsoft Surface
スリーブ 8,240円
タイプ カバー 21,400円
スキン シール  4,167円
※全て税抜、参考価格

■詳しい製品情報
・日本マイクロソフト 公式HP:www.microsoft.com/ja-jp/creators/marimekko
(c)MODE PRES