【1月10日 AFP】四大大会(グランドスラム)の今季初戦、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2019)の開幕を14日に控えるなか、男子世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)がアンディ・マレー(Andy Murray、英国)と練習試合を行った。試合はマレーが身体面のコンディション不良を露呈し、1-6、1-4とリードを許したところで切り上げた。

【写真特集】歴代の男子テニス世界ランキング1位

 グランドスラムで通算3度の優勝経験を持つマレーは、11か月にわたり戦列を離れることになった臀部(でんぶ)の故障から復帰を果たしているが、現在の世界ランクは230位まで落ち込んでいる。

 前週行われた前哨戦のブリスベン国際(Brisbane International 2019)では、2回戦でロシアのダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev)の前に敗退。大会後は、練習をこなして状態を上げる必要があるとして全豪オープンが開催されるメルボルン(Melbourne)へ直行していた。

 全豪オープンで6度の優勝経験を誇るジョコビッチはこの日、長年のライバルであるマレーと一緒のコートに立ったが、マレーが1時間もたたないうちに打ち切りを決断。ベースライン上での動きは、制限されているようにみえた。マレーはブリスベン国際の開幕前、「臀部にまだ少し痛みが残っている」としながらも、「数か月前よりは良くなっている」と話していた。(c)AFP