【9月13日 AFP】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、2020年東京五輪の大会組織委員会が、アスリートの暑さ対策としてサマータイム(夏時間)導入を検討していることについて支持する姿勢を明らかにした。

 IOCのジョン・コーツ(John Coates)調整委員長は、日本列島を猛暑が襲ったことを受けて安倍晋三(Shinzo Abe)首相が先月、大会期間中のサマータイム導入を要請したことに賛成するか問われ、明確な答えを示した。

 記者会見で「国内での議論を見守っている」と話したコーツ氏は、マラソンなどの競技が暑さがましな時間帯に行われるようになったことを受け、「われわれは日本の暑さにしっかりと注意を払っている。それは第一にアスリートの健康を考慮してのものだが、もちろん観客に対するものでもある」と続けた。

「マラソンなどの競技が早朝から行われることは承知している。しかし、午前4時40分には日の出を迎えることもあり、サマータイムに確かな可能性を感じている」

 日本ではこの夏、猛暑により120人以上が命を落とした。2020年の東京五輪は日本がもっとも暑い時期である7月下旬から8月上旬にかけて開催されるため、アスリートや観客が危機にさらされるのではないかと懸念されている。

 コーツ氏は「困難な問題がいくつもあるのは理解しているし、この件に関してそれぞれの利害関係者が違った意見を持っているのも分かっている」と述べた上で、「しかし、サマータイムの導入は非常に良い解決策のように思える」と続けた。

 日本は連合国軍の占領下で1948年にサマータイムを導入したが、長時間労働を促すのではないかという懸念からその4年後には廃止された。

 一方で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)の森喜朗(Yoshiro Mori)委員長は、2020年3月12日にギリシャの古代オリンピア(Ancient Olympia)で聖火の採火が行われ、同19日に引き継ぎ式が行われると発表した。

 その後、聖火は東北地方へ移り、東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島の3県で同20日から計6日間にわたり展示されることになっている。(c)AFP/Alastair HIMMER