【3月14日 AFP】(更新、写真追加)英国の著名な宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士(76)が死去した。ホーキング氏の家族が14日、明らかにした。

 ホーキング氏は1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る(A Brief History of Time)」がベストセラーとなり、世界的にその名が知られるようになった。宇宙の謎を解き明かすことに生涯をささげ、天賦の才能と機知に富んだ言説によって物理の世界を越えた幅広い層から支持を得ていた。

 14日早朝に、英イングランド(England)ケンブリッジ(Cambridge)にある自宅で安らかに息を引き取ったという。

 ホーキング氏の子どもらは連名で英通信社プレス・アソシエーション(Press Association)を通し、「愛する父が本日亡くなったことに深い悲しみを覚えます」「父は偉大な科学者で類まれな人物であり、父の功績や遺産はこれから幾年も生き続けるでしょう」との声明を発表した。

 ホーキング氏は20代で運動ニューロン疾患を発症し、余命数年と告知されたが、その後も車いすでの生活を余儀なくされながらも数々の研究に取り組んでいた。(c)AFP