トップ > スポーツ > ウインタースポーツ > ウインター その他

2018年冬季五輪の「プランB」、韓国組織委員会も否定

2017年9月12日 10:19 発信地:リマ/ペルー

このニュースをシェア

2018年冬季五輪の「プランB」、韓国組織委員会も否定
平昌冬季五輪の準備に向けたメディアへの説明会に臨む韓国の五輪組織委員会の李熙範会長(2017年1月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/JUNG Yeon-Je

【9月12日 AFP】朝鮮半島が核問題で緊張が高まっているなか、来年2月9日から25日まで行われる2018年平昌冬季五輪の責任者は11日、核実験やミサイル発射を繰り返して国際社会に緊迫感を与えている北朝鮮との国境から80キロメートルしか離れていない韓国・平昌(Pyeongchang)から開催地を変更する「プランB」の予定はないとして、大会期間中の「完璧な安全」に自信を示した。

 この問題については先日、スイス出身のIOC理事ジャン・フランコ・カスペル(Gian Franco Kasper)氏が、安全への不安から一部の国が大会に参加しない可能性があるという見解を示し、「大会中は平昌が最も安全な場所であると確信している。私が懸念しているのは、アスリートの身を心配して大会をボイコットする国が出てくる可能性があることだ」 と述べていた。

 韓国の五輪組織委員会(POCOG)会長を務める李熙範(Hee-Beom Lee、イ・ヒボム)氏は、ペルーのリマ(Lima)で開かれたIOC理事会のあと、報道陣に対して「大会は五輪停戦に基づいており、プランBはない」と述べた。

「10月24日にギリシャで採火式が行われる予定になっており、11月1日には聖火が韓国に到着するだろう。五輪期間中は完璧な警備態勢と安全性がもたらされる」

 李会長はまた、大会に参加するために北朝鮮の選手団が国境を越えて来ることを確信しているとして、「これまでのところ、北朝鮮選手団が平昌に来ると信じている」と語った。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>