トップ > ニュース > 政治

「ICBMに搭載可能な水爆を開発」 北朝鮮国営通信報道

2017年9月3日 10:39 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

「ICBMに搭載可能な水爆を開発」 北朝鮮国営通信報道
1/3
金属ケーシングを視察する金正恩朝鮮労働党委員長。国営朝鮮中央通信(KCNA)配信(撮影日不明、2017年9月3日配信)。(c)AFP/KCNA VIA KNS

【9月3日 AFP】北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は3日、同国の新たな大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水素爆弾を開発したと報じた。

 北朝鮮による水爆の弾頭化、そしてそもそも実用的な水素爆弾を保有しているのかをめぐっては疑問の余地が残るが、KCNAは、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が、核兵器研究所(Nuclear Weapons Institute)で弾頭化された水爆を視察したとしている。

 KCNAの報道は、「われわれの努力と技術で製造された超絶的な爆発力を持つ熱核爆弾」と金委員長の発言を伝えるとともに、「水素爆弾のコンポーネントは100パーセント国(北朝鮮)産」と主張。黒いスーツ姿の金委員長が、丸みを帯びた金属ケーシングを視察している写真も公開した。

 北朝鮮は2016年1月に4回目の核実験を実施し、その直後に小型水素爆弾の実験であったことを発表。他のどの核兵器よりはるかに強力になる可能性を秘めていると主張した。しかし、この時の実験について専門家らは、爆発規模が6キロトンで熱核爆弾としてはあまりにも小さいとの見解を示していた。北朝鮮は同年9月に5回目の核実験を行ったが、この時は水素爆弾に言及しなかった。

 KCNAは、北朝鮮が「最初の水素爆弾実験の貴重な成功に基づき、技術的性能を超近代的な水準に高めた」とした上で、金委員長が「核兵器研究で遂行するべき課題を定めた」と付け加えた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>