トップ > スポーツ > テニス > ATP

ヒンギス/マレー兄組がウィンブルドン混合複を制覇

2017年7月17日 10:57 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

ヒンギス/マレー兄組がウィンブルドン混合複を制覇
1/6
テニス、ウィンブルドン選手権、混合ダブルス決勝。優勝を飾り、トロフィーを掲げるマルチナ・ヒンギス(右)とジェイミー・マレー(2017年7月16日撮影)。(c)AFP/Adrian DENNIS

【7月17日 AFP】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は16日、混合ダブルス決勝が行われ、大会第1シードのジェイミー・マレー(Jamie Murray、英国)/マルチナ・ヒンギス(Martina Hingis、スイス)組が6-4、6-4でヘンリ・コンティネン(Henri Kontinen、フィンランド)/ヘザー・ワトソン(Heather Watson、英国)組を下し、ヒンギスは四大大会(グランドスラム)通算23個目のタイトルを獲得した。

 同胞のロジャー・フェデラー(Roger Federer)が男子シングルスで史上最多8度目の優勝を飾ったその数時間後、ヒンギスは母国にさらにうれしい知らせを届けた。

 フェデラーと自身にとって記念すべきに日となったことについてヒンギスは、「私たちにとって悪くないわね!」とコメントしている。

 36歳のヒンギスは、世界ランク1位のアンディ・マレー(Andy Murray)の兄ジェイミーとのペアについて、「ウィンブルドンの前にジェイミーとコンタクトをとって本当に良かった。プレーの内容にとても満足している」と話している。

「決勝を前に英国人選手が混合ダブルスで優勝することはわかっていたことだけど、それが私たちのことで良かった」

 グランドスラムでヒンギスは、混合ダブルスで6度、女子ダブルスで12度、1997年のウィンブルドンを含むシングルスで5度優勝している。

 ジェイミーは、エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic、セルビア)とペアを組んで初優勝して以来、10年ぶりに今種目でウィンブルドン制覇を成し遂げた。

 31歳のジェイミーは、2016年の全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2016)と全米オープン(US Open Tennis Championships 2016)の男子ダブルスでグランドスラム優勝を経験している。(c)AFP

ATP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>