トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

希少な鳥の羽根1万点、約7億円相当を盗む スイスの愛好家を起訴

2017年7月3日 16:55 発信地:ジュネーブ/スイス

このニュースをシェア

希少な鳥の羽根1万点、約7億円相当を盗む スイスの愛好家を起訴
英ロンドンのウィンブルドンで、タカを手に乗せる女性(2015年7月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/LEON NEAL

【7月3日 AFP】スイス人の愛鳥家の男(45)が、欧州各地の博物館から600万スイスフラン(約7億円)相当の希少な鳥の羽根1万点超を盗んだ罪で起訴された。被告は学術研究を行っていただけと主張しているという。

 スイス通信(ATS)によると、被告は科学的研究を行うとして、スイス、ドイツ、オーストリアなどの博物館にある鳥類に関する資料を利用する権限を取得。その上で、アカトビやノスリなど「計り知れないほどの学術的価値を持つ、大変希少で貴重な」鳥の羽根を引き抜いて盗んだという。

 氏名については明らかにされていないこの被告は、7年以上にわたって127種もの鳥の羽根を盗んでいたとされる。

 検察当局によると、博物館が受けた被害額は計600万スイスフラン(約7億円)に上るという。初公判は4日に開かれ、翌日に評決が下される予定となっている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>