トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

CIA内部にハイテク泥棒集団が潜入? 標的は「スナック菓子」

2017年6月23日 12:12 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

CIA内部にハイテク泥棒集団が潜入? 標的は「スナック菓子」
米首都ワシントンのオフィスのカフェテリアの自動販売機。さまざまな支払い方法が選択可能(2017年6月22日撮影)。(c)AFP/Eva Claire HAMBACH

【6月23日 AFP】米中央情報局(CIA)は、2013年に本部内で数か月にわたってハイテク泥棒集団による不正行為があった事実を認めた。盗まれたのは販売機の中のスナック菓子だった。

 今週公表された報告書によると、CIA内部のハッカー集団が自動販売機から、3300ドル(約36万7000円)以上に相当するポテトチップスやチョコレートバーなどのスナック菓子を盗んでいた。この内部ハッカーらは、覆面捜査官でも国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)担当のベテラン追跡者でもなく、CIAが多数雇用している外部請負業者の契約社員らだった。CIAではテロ分析から、米国のスパイたちのジャンクフード需要に応える自動販売機の提供まで、大勢の契約社員が働いている。

 スナックをめぐる陰謀に関するCIA監察総監の報告書は、情報自由法(Freedom of Information Act)に基づき公開された。CIAの報告書としては予想通り大部分が編集されており、名前も情報の出所も、捜査手法も記載されていない。ただし、身元が伏せられている契約職員がただでスナックを手に入れた手法は明らかにされている。

 標的となった自動販売機では、電子支払いシステム「フリーダムペイ(FreedomPay)」の支払い用カードが不正使用されていた。

 ある契約社員が、自販機とフリーダムペイの決済システムを接続するケーブルを取り外せば、残高のないカードでも買い物ができることを考え付き、友人たちにもこのやり方を伝えた。その友人たちも自販機のケーブルを抜いてスナックをただで持ち去った。

 しかし、当然ながら、CIAは最後は犯人を捕まえた。嫌疑が持ち上がると、CIAの捜査官らは自販機に監視カメラを設置し、この詐欺行為を特定した。

 この陰謀に関わった者たちは全員取り押さえられ、取り調べを受けた後、CIA本部から退去させられた。その後、各自の雇用主から解雇されたという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>