トップ > ニュース > 政治

「強い欧州」は米国に重要 トランプ氏、ブレグジット支持から軌道修正?

2017年4月21日 10:35 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

「強い欧州」は米国に重要 トランプ氏、ブレグジット支持から軌道修正?
米首都ワシントンのホワイトハウスで、イタリアのパオロ・ジェンティローニ首相との共同記者会見に臨んだドナルド・トランプ大統領(2017年4月20日撮影)。(c)AFP/JIM WATSON

【4月21日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は20日、「強い欧州」は米国にとって重要だと述べ、欧州が強いままでいることを望むとの考えを示した。トランプ氏はこれまで、英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット、Brexit)を決めたことを称賛していた。

 トランプ氏は訪米したイタリアのパオロ・ジェンティローニ(Paolo Gentiloni)首相との共同記者会見で「強い欧州は米国大統領である私にとって、非常に、非常に重要だ」と語った。

「私の考えでは欧州は米国にとって重要だ。われわれはそうあってほしいと思っているし、欧州が強いままでいられるように手助けしていく」とも述べた。

 トランプ氏は昨年、英国に追随して他の加盟国もEUを「離脱するだろう」と発言し、EU首脳の反発を招いていた。

 今月の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューでも、EUは「しっかりしてきている」と評価する半面、ブレグジットはEUと英国のいずれにとっても「実に、実に良いこと」だと改めて表明していた。(c)AFP

特集:トランプ政権

ドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、米国の第45代大統領に就任した。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>