トップ > 環境・科学 > 環境

大気中のCO2濃度、16年に史上最高 今年も上昇中 米海洋大気局

2017年3月11日 19:28 発信地:米国

このニュースをシェア

大気中のCO2濃度、16年に史上最高 今年も上昇中 米海洋大気局
米カリフォルニア州サンバレーにある天然ガス発電所(2017年3月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/Getty Images/David McNew

【3月11日 AFP】米海洋大気局(NOAA)は10日、大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が2016年に観測史上最高を記録し、今年1~2月にも上昇を続けているとの報告書を発表した。

 大多数の気候科学者はCO2などの温室効果ガスの増加が気候変動を引き起こしていると主張しているが、米環境保護局(EPA)の新長官に就任したスコット・プルイット(Scott Pruitt)氏は、CO2は地球温暖化の主な原因ではないとし、多くの科学者らの考えを否定する見方を示している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>