トップ > ニュース > 社会

共学校の水泳授業、宗教上の理由による免除を認めず 欧州人権裁

2017年1月10日 20:51 発信地:ストラスブール/フランス

このニュースをシェア

共学校の水泳授業、宗教上の理由による免除を認めず 欧州人権裁
チュニジアのビゼルト近郊の海辺で、イスラム教徒の女性向けの水着ブルキニを着て海水浴をする女性(右、2016年8月16日撮影)。(c)AFP/FETHI BELAID

【1月10日 AFP】欧州人権裁判所(ECHR)は10日、イスラム教徒の両親が、共学校で行われる水泳の授業で、宗教を理由に娘の履修を拒否した問題について、履修拒否は認められないとする判断を示した。

 この問題は、トルコ系スイス人の夫妻が、水泳の授業を娘が受けなければならないのは信仰に反すると訴えていたもの。

 ECHRは、スイスのバーゼル(Basel)の当局が、水泳の授業を夫妻の娘2人に免除しなかったのは、子どもの社会への統合を推進する必要性から正当化されると判断した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>