トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

ハリウッド看板を「ハリ大麻」に改変したアーティスト逮捕

2017年1月10日 15:23 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

ハリウッド看板を「ハリ大麻」に改変したアーティスト逮捕
米ハリウッドで、いたずらの被害に遭い「HOLLYWEED」に改変されたハリウッドの看板(2017年1月1日撮影)。(c)AFP/Gene Blevins

【1月10日 AFP】米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の丘に設置された有名な「ハリウッド(Hollywood)」の文字の看板を今月1日、「HOLLYWEED」(ハリ大麻)という文字列に変えるいたずらを実行した容疑で、米ロサンゼルス市警は9日、地元在住のアーティストを逮捕した。

 弁護士を伴い警察に出頭したザカリー・コール・フェルナンデス(Zachary Cole Fernandez)氏は、軽犯罪法違反の疑いで逮捕された。警察の広報担当官によれば、その後、自己誓約により保釈され、2月15日に裁判所への出廷を命じられた。

「ジーザスハンド(Jesus Hands)」(神の手)というニックネームで活動しているフェルナンデス氏がオンラインマガジン「Vice」に語ったところによると、同氏は制作パートナーと共に、高さ約14メートルの「O」の文字の一部をどうやってシートで覆って「e」に見えるようにできるか調べたという。

 同氏は動機について、昨年11月に行われたカリフォルニア州の住民投票で嗜好(しこう)用大麻の合法化が可決されたことを受け、大麻に関する議論を促したかったと述べている。だが、同氏の大胆ないたずらを楽しむ声が多い中、ロサンゼルス市議会議員のデービッド・リュー(David Ryu)氏はまったく楽しめるものではないと述べ、フェルナンデス氏はきちんと起訴されるべきだと主張している。

 警察はフェルナンデス氏の容疑について、看板を破壊はしていないため器物損壊ではなく、不法侵入による軽犯罪法違反だとしている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>