トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

PTSDのアフガン帰還兵、家族3人殺害し自殺 カナダ

2017年1月5日 6:41 発信地:モントリオール/カナダ

このニュースをシェア

PTSDのアフガン帰還兵、家族3人殺害し自殺 カナダ
アフガニスタン・カンダハル州で巡回任務に当たるカナダ人兵士(2010年8月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/YURI CORTEZ

【1月5日 AFP】カナダ東部ノバスコシア(Nova Scotia)州で、アフガニスタン戦争から帰還後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療を受けていた退役兵士の男(33)が、妻と10歳の娘、母親の計3人を射殺した末、自殺する事件が起きた。同国の警察が4日、明らかにした。

 カナダ連邦警察は3日、同州ハリファクス(Halifax)の北250キロに位置する村の民家で4人の遺体を発見した。

 自殺した男はアフガニスタンでの従軍歴がある元陸軍兵士で、2015年に退役。親族がカナダメディアに語ったところによると、PTSDの治療を受けていた。妻と母親の年齢はそれぞれ31歳と52歳とされている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>