トップ > ライフ > 文化・芸術

ラスコー洞窟を忠実に再現、「ラスコー4」がオープン フランス

2016年12月11日 16:21 発信地:モンティニャック/フランス

このニュースをシェア

ラスコー洞窟を忠実に再現、「ラスコー4」がオープン フランス
1/21
仏南西部モンティニャックに完成したラスコー洞窟の壁画を再現した施設「ラスコー4」を訪れたフランソワ・オランド大統領(2016年12月10日撮影)。(c)AFP/REGIS DUVIGNAU

【12月11日 AFP】仏南西部ドルドーニュ(Dordogne)県モンティニャック(Montignac)で10日、ラスコー洞窟(Lascaux Cave)の先史時代の壁画を忠実に再現した施設「ラスコー4(Lascaux 4)」がオープンした。

 10日に行われた記念式典に出席したフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領は「複製の域を超えている。これは芸術作品だ!」と述べた。

 ラスコー洞窟の壁画は1万8000年前に描かれたと考えられており、ラスコー洞窟を含む地域は1979年に国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の世界遺産に登録された。

 ラスコー洞窟は今から70年以上前の1940年9月12日に4人の少年によって発見された。「ラスコー4」は、この少年たちの興奮を追体験することを目指している。4人の少年のうち、ただ一人存命のシモン・コアンカス(Simon Coencas)さん(89)も10日の開幕式に特別ゲストとして招待された。

「ラスコー4」は、6600万ユーロ(約80億3000万円)の予算を投じ、30人の作業チームが4年かけてラスコー洞窟がある山の麓に造られた。一般公開は15日から。(c)AFP/Laurent BANGUET

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>