【11月19日 AFP】南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林で外界から孤立して暮らす先住民が、違法採金者6人を弓矢で射殺した。ブラジル当局が18日、明らかにした。

 ブラジル国立先住民保護財団(FUNAI)によると、殺害を実行したのはベネズエラ国境に近いブラジル北部ロライマ(Roraima)州で暮らす先住民ヤノマミ(Yanomami)の人々。

 FUNAIの報道官はAFPに「ヤノマミの団体から人が死亡したと報告があり、FUNAIのチームが現地に向かう準備中だ」と述べた。ロライマ州警察の報道官によると、争いの原因は不明だという。

 先住民族の権利保障を訴える国際組織「サバイバル・インターナショナル(Survival International)」によると、ヤノマミの人口は3万5000人と推定され、アマゾン孤立先住民の中では最大級とされる。

 新たな病気を持ち込み、川や森を汚染していると批判されている違法採金者らは、ヤノマミの人々が先祖代々暮らしてきた土地への侵入を続けている。また、ヤノマミの人々の土地の境界には牧場が迫ってきている。(c)AFP