トップ > ニュース > 政治

香港の独立派若手議員、就任宣誓を阻止される

2016年10月19日 17:21 発信地:香港/中国

このニュースをシェア

香港の独立派若手議員、就任宣誓を阻止される
1/7
香港立法会(議会)で、「香港は中国ではない」と書かれた旗を身につけて就任宣誓に臨む議員(2016年10月12日撮影)。(c)AFP/ANTHONY WALLACE

【10月19日 AFP】香港立法会(議会)で19日、中国からの独立を支持する若手議員2人の就任宣誓を親中派議員が阻止した。

 香港議会では先週、先の選挙で当選した議員たちが就任宣誓に臨んだが、その際に「香港は中国ではない」と書かれた横断幕を身にまとうなどした、独立派の2人の議員ら数人の宣誓が成立しないと判断されていた。2人は同日、2度目の宣誓に臨んだが、親中派の議員たちに阻止され、議会は再び混乱に陥った。

 宣誓文では、香港が中国の特別行政区であることが言明されているが、両議員は中国の国名をわざと正しく発音せず、うち1人は「the People's Republic of China(中華人民共和国)」と言うべきところを侮蔑的な表現を交えて「the People's refucking of Zeena」と述べたとされる。

 両議員は19日に再度宣誓を行う機会を与えられていたが、2度目となった今回は、2人が宣誓を行う際に、親中派の議員らが定足数を満たさずに議事が先送りされることを狙って退席。

 それを受けて、議場の外では親中派と民主派の議員らが激しく口論し、騒然となる場面もあった。

 同日の議会は結局、2人が就任宣誓することなく延期された。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>