トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

国際赤十字、北朝鮮への支援で16億円要請 洪水被害

2016年9月21日 18:43 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

国際赤十字、北朝鮮への支援で16億円要請 洪水被害
1/2
北朝鮮北部の茂山郡で、洪水によって深刻な被害を受けた学校の教室。北朝鮮ユニセフ提供(2016年9月7日撮影、同13日提供)。(c)AFP/UNICEF DPRK/Murat SAHIN

【9月21日 AFP】国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は21日、洪水被害に見舞われた北朝鮮に対する1550万ドル(約16億円)の緊急支援を国際社会に要請した。IFRCは、緊急支援がなければ、貧困にあえぐ北朝鮮で「二次災害」が起こると警告している。

 国連(UN)は先週、集中豪雨により発生した大規模な洪水の影響で、北朝鮮北東部の村々が甚大な被害に見舞われ、これまでに少なくとも138人の死亡が確認され、400人近くが行方不明になっていると発表していた。

 国連によると支援を必要としている人の数は14万人に上るとされる。またIFRCは、住宅数万戸が全壊もしくは半壊しており、約7万人が家のない状況に置かれていると述べている。

 国際赤十字による北朝鮮派遣団の代表を務めるクリス・ステインズ(Chris Staines)氏は声明で「冬が近づいており、洪水による影響と、人々が現在直面しているリスクを合わせて考えると、今後数か月のうちにここ(北朝鮮)で二次災害が発生する恐れがある」と述べた。

 北朝鮮では冬の気温が氷点下30度まで下がることもある。1550万ドルの緊急支援は、7000世帯に石炭やテント、医薬品を配布するのに使われる。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>