トップ > ライフ > ライフ

マザー・テレサ、列聖式を経て「聖人」へ

2016年9月4日 15:03 発信地:バチカン市国

このニュースをシェア

マザー・テレサ、列聖式を経て「聖人」へ
聖人に認定されることが決まった生前のマザー・テレサ(1990年1月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/TEKEE TANWAR

【9月4日 AFP】インド・コルカタ(Kolkata)で貧者の救済に尽くし世界的に有名になった修道女、マザー・テレサ(Mother Teresa)が4日、列聖式を経て「聖人」に認定される。

 厳粛な列聖式はバチカンのサンピエトロ大聖堂(Saint Peter's Basilica)で、信者ら10万人が参列しローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王が執り行う。会場には光輪が描かれた微笑むマザー・テレサの巨大な肖像画が掲げられる。

 列聖式翌日の5日は、マザー・テレサが1997年にコルカタで87歳で死去してから、ちょうど19年にあたる。コルカタで長年、教壇に立っていたマザー・テレサはその後、貧しい人たちの救済に尽くした。

 現在のマケドニアの首都のスコピエ(Skopje)でコソボ系アルバニア人の両親のもとに生まれたマザー・テレサは、1979年にノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞。以降、キリスト教の価値観である自己犠牲と慈悲精神の導き手として世界中で尊敬される存在となった。(c)AFP/Angus MACKINNON、Catherine MARCIANO

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>